食器類の梱包方法

食器類などの割れ物を梱包する作業というのは、引越し作業の中でも神経を使う作業といえるかもしれません。
自分は大丈夫だと思って梱包しても引越しが終わって荷解きをしてみるとほとんどの食器類が割れていたという悲惨な経験をしたことがある人もいるかもしれません。
ですから、食器類を梱包する時は確実に割れない方法で梱包する必要があるのです。
では、どのようなことに気を付けて梱包したらよいのでしょうか。
まずは緩衝剤を使う必要があります。
食器類を梱包する時に重宝する緩衝剤が、ミラーマットという緩衝剤です。
このミラーマットという緩衝剤は食器類専用の緩衝剤です。
しかし、ミラーマットがないという人は多いでしょう。
その場合は新聞紙で代用することができますね。
しかし、ポイントはどんな緩衝剤を使うかではなく、どのように包むかです。
一つ目のポイントは、丁寧に一つ一つを包むということです。
小さな小皿などは数枚を一緒に梱包してしまいたくなるかもしれません。
しかし、そうすると意味がありません。
一枚一枚を丁寧に梱包しましょう。
さらに、梱包したものをどのように段ボールの中に入れるのかも重要です。
重たいものを下に置き、軽い物を上に置くようにしましょう。
重い物を上に置いてしまうと、せっかく緩衝剤で包んだのに重さで下の食器が割れてしまいますからね。
さらに、食器類の段ボールには割れ物であることを書いておくと丁寧に運んでくれるので大切ですね。

運輸や引越し関連情報。ココがお勧め

  • サカイ引越センターなら、海外引越しの不安を解消してくれます。
Copyright (C)2017引越し荷造りをスムーズにするちょっとしたコツ.All rights reserved.